「地域の皆様に選ばれる病院」を目指し、皆様に良質で安全な医療を24時間365日提供できるよう、患者さま本位の医療を推進してまいります

医療法人社団 一成会 たちばな台病院

神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-2-1
MENU
ホーム > 看護部 > ご挨拶

看護部

ご挨拶

看護の扉へようこそ

副院長・看護部長小林 重美

当院は、横浜市青葉区の病院として、救急から在宅期まで幅広い看護分野で患者さまと関わることができる地域に根差した急性期一般病院です。
看護部では、一人ひとりの看護師が熱意をもって看護に取り組み、活き活きとやりがいをもって働き続けられる職場環境づくりを目指しています。看護の仕事は、常に相手に関心を持ち、患者さまを生活者の視点で捉え、支え、温かみのある優しい言葉かけや確かな技術を磨き、その時・その場の瞬間に真摯に向き合うことが、看護師人生を豊かにし、自分自身を支える原点になると思います。

当院で働く看護師たちの背景は、社会人経験から看護師を目指した方、子育て中のママさん看護師、他県から転居による転職など様々です。人生の様々なステージに立ち会う仕事だからこそ、看護師一人ひとりの人生も大切にしたい。そうした思いから当院は、ワークライフバランスも考慮し、特に小さなお子さんがいらっしゃる方には、産休・育休・院内保育所はもちろんのこと、各部署のスタッフが協力する気風など、仕事を続けながら育児ができる環境も整えています。

これからも働きやすい職場環境の整備、職場風土の醸成、共に成長し合える人財の育成に取り組んでまいります。
よく働き、学び、休み、楽しむことこそ、看護に対する向上心を持ち続け、看護職人生を歩む力になると考ええています。そしてその強さこそが看護ケアする優しさの源だと信じています。皆様のお越しを心よりお待ちしております。