「地域の皆様に選ばれる病院」を目指し、皆様に良質で安全な医療を24時間365日提供できるよう、患者さま本位の医療を推進してまいります

医療法人社団 一成会 たちばな台病院

神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-2-1
MENU
ホーム > 看護部 > ご挨拶

看護部

ご挨拶

ようこそ!!たちばな台病院看護部へ

看護部長荒木優子

当院は、安心して暮らせる、地域に根差した急性期病院です。
近年の医療制度改革は、生活を支える医療理念のもと、地域包括ケアシステムの推進が急がれており、たちばな台病院も地域連携型の病院としての役割に日々奮闘しております。
チーム医療が要の近年、24時間、患者様、ご家族様に最も身近で看護を提供している私どもが、生活を見据えた看護を提供でき、入退院支援に取り組まなければならないと考えております。

元来、医療が患者様ファーストである限り、私どもの看護の信念は、安全であること、効果的であること、適時性があること、公平であること、そして何よりも患者様中心でなければならないと考えます。ときに、迷いや困ったことが生じた時は「患者様は、どこにいらっしゃるの?」と自問自答することで、おのずと正しい答えが見つかるものです。このような看護倫理を、重んじることができる看護部を目指します。

また、働く環境におきましても、働き方改革に沿った支援、ワークライフバランスにも力を注いでまいります。職員が、心身ともに健康で笑顔で看護を提供できるように、私もスタッフ一人一人との関わりを、大切にしていきたいと考えております。

私どもは、専門職としての品位と責任、そして確かな看護実践を、思いやりの心を添えて提供することに邁進してまいります。どうかご支援、お力添えをよろしくお願い申し上げます。