「地域の皆様に選ばれる病院」を目指し、皆様に良質で安全な医療を24時間365日提供できるよう、患者さま本位の医療を推進してまいります

医療法人社団 一成会 たちばな台病院

神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-2-1

※間違い電話が非常に多くなっております。電話の前に、今一度番号をご確認ください。

MENU
ホーム > 看護部 > 各部紹介 > 3階南病棟

看護部

3階南病棟

3階南病棟は、循環器内科を中心に重症や集中管理を必要とする様々な診療科の患者さまを担当しています。

循環器内科では、虚血性心疾患、不整脈に対して心臓カテーテルやアブレーション治療が行われており、カテーテル室での診療補助業務も担当しています。その為、患者さまからは「病棟の看護師さんがいて安心です。」という言葉を頂き、より患者さまに沿った看護ができるよう心掛けています。集中治療室、一般病棟、カテーテル室と各所においての業務には、専門的な知識と高度な技術が必要となります。医師や臨床工学士などの多職種や豊かな知識を持った看護師からの勉強会を開催し、看護の質の向上に努めています。

固定チームナーシングでは、入院から退院までチームで患者さまを支援していきます。患者さまが安心して治療を受け、適切な場所に退院できるように”2人集まればカンファレンス”を合言葉に情報を共有し、患者ファーストを第一に取り組んでいます。

緊張する毎日ですが、チーム間で協力し合える風通しの良い明るい病棟です。

インターベンションエキスパートナース(INE)として

私は、病棟とカテーテル室を兼務しています。カテーテル室では、狭心症や心筋梗塞の患者さんの検査や治療が、円滑で的確に施行されるように専門的知識や治療器具の知識が必要となります。また、意識下で検査や治療を受けられる患者さんの不安を軽減できるような声かけを心掛けています。

病棟とカテーテル室を兼務することで、検査や治療中だけでなく、入院~退院まで一貫して患者さんに関われることにやりがいを感じております。

2015年
 インターベーションエキスパートナース取得
3階南病棟 吉原 拓弥