「地域の皆様に選ばれる病院」を目指し、皆様に良質で安全な医療を24時間365日提供できるよう、患者さま本位の医療を推進してまいります

医療法人社団 一成会 たちばな台病院

神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-2-1
MENU
ホーム > 技術部 > 薬剤課

技術部

薬剤課

当院薬剤課は常勤薬剤師4名、事務員1名で構成されています。
私たちは、『患者様が安全に安心して薬が服用できるように努めます』を基本理念とし、
基本目標

  • (1)医療過誤の防止
  • (2)他職種と協力しチーム医療を推進する
  • (3)知識と技能の習得
  • (4)適正な医薬品管理を行い病院経営に貢献する

を掲げて、薬物の安全性と有効性を監視し、患者様と密着した薬剤業務を行っています。

業務内容

1. 調剤業務

入院患者様の内服薬や外用薬について、医師が発行した処方せんに基づき調剤しています。処方内容が適正であるか、薬の量や飲み合わせ、服用方法などをチェックし、疑わしい点があれば医師に問い合わせをし、薬の安全性や有効性を確保します。

2. 注射調剤業務

入院患者様の注射薬の調剤業務です。医師の注射指示を受けて、薬局でその日ごとの患者様ひとりひとりの注射薬を取り揃えます。揃えた注射薬は注射カートにのせ、前日に病棟へ引き渡します。その際にも調剤業務と同様、注射薬を混合してもいいのか、量は適正か、投与期間は適正か、などのチェックをしています。

3. 外来関連業務

当院薬剤課では、保険薬局からの疑義紹介対応業務を行っています。

4. 外来・入院化学療法

化学療法を受けている患者様の抗がん剤の調製、化学療法の投薬計画管理や患者様ごとの抗がん剤投与管理を行い、患者様が安全な化学療法を受けられるよう支援しています。

5. 薬剤管理指導業務

病院薬剤師の中心的業務のひとつが、入院患者様への服薬指導です。薬剤師が直接入院患者様のベッドサイドにお伺いし、処方されている内服薬・注射薬・外用薬について説明する業務です。薬の名前・飲み方・使用上の注意だけでなく、薬の効果・保管上の注意事項・副作用など必要な情報を提供するとともに、患者様の薬への疑問や不安に答えることで、薬を正しく理解し、使用していただけるようお手伝いをします。

6. 医薬品情報管理業務

薬は、効果・投与量・投与方法・副作用などが異なります。そのような情報を早く正確に、製薬会社・インターネットなどから入手し、医薬品情報室で整理、管理しています。そして、患者様や医療スタッフの質問に答えたり、情報を提供したりすることで薬が安全に使われるように配慮しています。

7. 薬品在庫管理業務

病院で取扱う医薬品は、内服薬・注射薬・外用薬などの他に検査薬・血液製剤・医薬部外品・衛生材料など多岐にわたります。これらの品目の多くは薬局で管理しています。病棟などに配置している薬剤を含め、多くの薬剤の品質・在庫管理・発注、供給などトータルな医薬品管理業務を行うことで、患者様に安心できる薬剤を供給できるよう適正な在庫管理に努めています。

8. その他の業務

薬事委員会をはじめとして、薬剤にかかわる多くの委員会に参加しています。また、感染対策など他の医療スタッフとともにチーム医療に努めています。