令和元年度 たちばな台病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 53 92 94 174 266 345 681 776 353
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までに退院した患者数を10歳刻みの年齢階級別に集計しました。
90歳以上は1つの階級としています。24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。
患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
当院では80歳代が最も多く27.4%です。次に70歳以上の方が24%と多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 73 24.21 20.84 9.59% 88.05
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 43 17.81 12.58 0.00% 76.12
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり 30 2.00 2.03 0.00% 54.40
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 25 14.80 13.48 0.00% 83.48
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア0 22 10.18 8.53 4.55% 37.82
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に患者数の多いDPC14桁分類ごとに集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
内科では、肺炎の治療を多く行っています。
1位の「誤嚥性肺炎」は、食べ物を飲み込む機能が低下することで食べ物や唾液が肺に入り込み肺炎になる病気で、高齢者に多い疾患です。
4位・5位は「肺炎」で、こちらは細菌感染による肺炎となります。「肺炎」は年齢や重症度によりDPCコードが多数に分かれていますのでこのような順位ですが、全て合わせると「147人」で当科での患者数1位になります。
人工透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx97x1xx 手術・処置等の合併症 手術あり 処置2_1あり 37 29.81 32.87 8.11% 74.00
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術,吻合術 その他の動脈等 処置2_1あり 17 45.88 36.04 23.53% 78.88
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 16 17.13 11.67 31.25% 68.94
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術,吻合術 その他の動脈等 処置2なし 定義副傷病なし 11 11.73 8.48 18.18% 69.91
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 処置2_2あり 11 33.09 33.26 18.18% 73.55
定義 
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に患者数の多いDPC14桁分類ごとに集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
人工透析内科では、腎不全の患者に対する治療を行っています。腎機能が低下し体内の老廃物の排泄が十分に出来なくなる末期腎不全では、透析治療が必要となります。
第1位は、透析を効率良く行うために血管をつなぎ合わせて、血液量を確保するチューブである「シャント」の設置や、すでに設置しているシャント狭窄のために再手術をした後に透析治療も行った患者数です。
第2位は、腎不全で入院されて、透析を行うためのシャント設置等の手術を行い、透析導入期(導入後1月)、または敗血症や急性膵炎等の合併症を有して連日人工透析を行った患者数です。
第3位は、腎不全で入院されて、手術を行わず、慢性維持透析を行った患者数です。
第4位は、腎不全で入院されて、透析を行うためのシャント設置等の手術を行い、慢性維持透析を行った患者数です。
第5位は、敗血症で入院されて、連日人工透析を行った患者数です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 120 4.93 4.40 1.67% 72.69
050050xx99200x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_2あり 処置2なし 定義副傷病なし 76 2.49 3.15 1.32% 68.99
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 処置2なし 51 4.39 5.02 0.00% 72.29
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 33 25.39 17.71 0.00% 85.67
050140xx99x00x 高血圧性疾患 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 11 6.27 8.69 0.00% 68.73
定義  
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に患者数の多いDPC14桁分類ごとに集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
循環器内科では、狭心症の治療を多く行っています。狭心症は、心臓の血管が狭くなり心筋への酸素供給が不足することで胸痛などの症状をおこす疾患で、血管が完全に閉塞すると心筋梗塞となり命に関わります。
第1位は、狭心症で狭くなった血管を拡げる手術を行うための入院で、第2位は狭心症かどうかを調べる検査入院になります。
第3位は主に心房細動の手術を行う入院で、不整脈を起こす心臓内の異常な箇所をカテーテルを挿入して焼却する手術(カテーテルアブレーション)を行います。
第4位の心不全は利尿薬、第5位の高血圧は血圧を抑える薬を使用して、主に投薬で治療します。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 128 2.31 2.63 0.00% 67.68
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 128 5.98 5.39 0.00% 49.25
060130xx99000x 食道,胃,十二指腸,他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 70 8.56 7.42 2.86% 64.29
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 60 8.17 7.65 3.33% 61.75
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 40 5.03 4.85 0.00% 68.13
定義  
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に患者数の多いDPC14桁分類ごとに集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
消化器外科では、大腸ポリープ、ウィルス感染による腸炎や大腸憩室炎、胃炎など、胃腸の炎症や鼠径ヘルニアによる入院が多いです。
大腸憩室炎とは大腸の壁が嚢状に突き出たもので、そこに糞便が溜まると炎症を起こし、腹痛や下痢、下血を起こす疾患です。
また、当院では大腸ポリープに内視鏡を用いた切除術や、鼠径ヘルニアを開腹または内視鏡での切除術等、様々な手術を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 142 30.52 25.94 30.99% 84.82
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 76 22.11 19.40 25.00% 81.51
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 49 3.67 5.54 0.00% 58.82
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病なし 32 6.06 5.94 0.00% 48.06
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 処置2なし 29 23.03 20.93 3.45% 70.31
定義  
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に患者数の多いDPC14桁分類ごとに集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
整形外科では、骨折や腰部脊柱管狭窄症の治療を多く行っています。
第1位は大腿骨の骨折、第3位は前腕部の骨折、第4位は鎖骨の骨折で、手術による治療を行います。
第2位は胸椎や腰椎の圧迫骨折での入院で、薬や注射で痛みの緩和を行い、リハビリで歩行訓練を行います。
第5位は腰部脊柱管狭窄症で、脊椎固定術を行います。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 10 - - 1 7
大腸癌 - 20 13 - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、罹患率の高い5つの癌について、病期(ステージ)別に患者数を集計しました。24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
病期とは癌の進展度を表すもので、原発巣の広がり(T)、リンパ節への転移の有無(N)、他臓器への転移の有無(M)で、病期(ステージ)Ⅰ~Ⅳに分類され、Ⅳ期が最も進行していることを表します。治療の経過中に他の臓器に転移した場合は「再発」として集計します。早期がん(0期)は集計の対象になっていません。
当院は5大癌のなかでは大腸癌が最も多く、大腸癌の切除等の手術も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 28 10.18 45.96
中等症 102 21.18 83.07
重症 25 31.36 86.96
超重症 - - -
不明 - - -
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、20歳以上の市中肺炎の患者を、重症度別に集計しました。24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。
重症度は次の5項目
 Age(年齢)          男性70歳以上、女性75歳以上
 Dehydration(脱水)      BUN21mg/dl以上または脱水あり
 Respiration          SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
 Orientation(意識障害)    意識障害あり
 Pressure(収縮期血圧)    収縮期血圧90mmHg以下
5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。

 軽症:  0点の場合
 中等症:1~2点の場合
 重症: 3点の場合
 超重症:4~5点の場合 ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする
 不明: 重症度分類の各因子が1つでも不明な場合

解説
入院患者では、中等度が全体の60%を占めます。平均年齢が高くなるにつれて、重症度も高くなる傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 12 37.33 86.67 25.00%
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までの脳梗塞の退院患者について、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
「脳梗塞」は脳血管の詰まりにより、脳に充分な酸素や栄養が送られなくなる病気です。当院では脳梗塞の原因となる血栓を抑える薬や脳神経の保護薬を使用して、治療を行います。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
人工透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 41 7.41 20.73 21.95% 72.88
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 32 2.56 21.53 9.38% 73.10
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 24 10.58 9.42 58.33% 75.13
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に行った主要手術を集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
当院の人工透析内科は人工透析を効率良く行うために血管をチューブでつなぎ、血液量を確保する「内シャント設置術」
血管の一部が固まってしまった際に別の血管へチューブをつなげて血液の流れを良くする「血管移植術、バイパス手術」や狭窄した血管に対して先端に風船のついたカテーテル(管)を挿入して、血管を広げる「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を主に行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 51 2.84 2.63 1.96% 73.55
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 50 1.98 5.10 4.00% 76.82
K547 経皮的冠動脈粥腫切除術 45 3.22 2.67 0.00% 69.67
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 32 0.88 1.69 0.00% 74.28
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に行った主要手術を集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
当院の循環器内科は狭心症や不整脈に対しての手術件数が多いです。
また、当院では動脈の形成術後、ステントという拡張可能な小さい筒を血管に設置して、再閉塞や再狭窄のリスクを減少させる「経皮的冠動脈ステント留置術」やカテーテルの先端の電極を使用して心臓に電気刺激を行い、不整脈の治療を行う「経皮的カテーテル心筋焼灼術」等、開胸せずに管を通して行う経皮的手術が多く、術後の早期退院が可能です。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 135 0.45 1.69 0.00% 67.80
K6335 鼠径ヘルニア手術 38 0.71 3.16 0.00% 67.03
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24 1.88 4.38 0.00% 58.38
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 21 15.19 19.86 14.29% 83.57
定義  
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に行った主要手術を集計しました。
24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
当院の消化器外科は、「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術」の件数が多いことが特徴です。
また、「腹腔鏡下胆嚢摘出術」は開腹手術と比較して、術後の痛みが軽減され、傷が目立たず、術後の回復が早くなり、早期の社会復帰が可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 100 2.60 21.69 20.00% 78.93
K0462 骨折観血的手術(下腿、手舟状骨、前腕) 73 2.59 11.67 0.00% 58.77
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 64 3.70 26.67 34.37% 85.84
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿、前腕) 45 1.00 1.31 0.00% 54.53
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、指、手(舟状骨を除く)、足、膝蓋骨) 37 1.51 6.38 0.00% 52.11
定義  
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、診療科別に行った主要手術を集計しました。24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
当院の整形外科は足、手等の様々な部位の骨折に対して多く手術を行っております。また、術後は早期の社会復帰のためにリハビリも積極的に行っており、様々な外傷に対して、対応できる体制が整えられています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 20 0.66%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 73 2.42%
異なる - -
定義
2019年4月1日から2020年3月31日までの退院患者を、上記4疾患に関して、患者数と全退院患者数に対する発症率を集計しました。24時間以内の死亡患者と、医療保険以外での入院(自費・労災・自賠責)を除く。患者数が10未満の箇所は「-」表示。

解説
「敗血症」は、肺炎や尿路感染症をきっかけに細菌が血液中に入り全身に運ばれ全身状態が悪くなる病気で、高齢の方や免疫力が低下している方は重篤な全身症状を引き起こします。血液培養検査を行い原因菌を特定し抗菌剤で治療を行います。
「手術・処置等の合併症」は、当院では透析を行うためのシャントが狭窄したために、この手術を行うことを目的に入院する方がほとんどです。
また、表に載っている入院契機とは入院のきっかけとなった病名を意味しており、「入院契機病名」と入院期間中に最も治療に力を注いだ「医療資源を最も投入した病名」が同一のものと、異なるもののそれぞれで症例数と発生率を出しております。
更新履歴
2020年9月25日
公表