「地域の皆様に選ばれる病院」を目指し、皆様に良質で安全な医療を24時間365日提供できるよう、患者さま本位の医療を推進してまいります

医療法人社団 一成会 たちばな台病院

神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-2-1
MENU

看護部

手術室

手術室・中央材料室は、師長を含め7名のスタッフで業務を行っています。
主に、整形外科・消化器外科・腎臓内科の手術が行われ、各科の担当医、麻酔医、放射線技師、臨床工学技士との連携を図り、患者さまが、安全で安心な医療・看護を受けて頂けるよう最善を尽くしています。

中材(中央材料室)

衛生材料や器機を適正に、また安全に管理し、患者さまに提供しています。

手術室

熟練した技術と専門的知識が必要な場です。当院の手術室スタッフは手術室経験も豊富な看護師が多く、知識技術共に安心して頂けると思っています。手術を担当する看護師が術前訪問を行い、誰もが不安な手術を少しでも安心して受けて頂けるよう親身になってお話させて頂きます。また医師や病棟と連携を図り、患者さまに安全で質の高い手術室看護を受けて頂くため、日々努力しています

手術室看護師は、術前訪問を行い、患者様が少しでも不安や気がかりな事を話すことができ、手術室での姿をイメージできるように説明させてもらっており、「少し安心しました」と言って頂けるよう、患者様の立場に添った訪問を行っています。
朝礼時に「今月の標語」を唱和し今日も1日お願いしますで始まり、カンファレンスの実施や運営委員会議事の伝達など情報共有を十分に行い、確かな知識・技術と温かい心で責任を持って手術を担当しています。
中材業務も安全な物を患者様に提供できるように質の向上を目標としています。

スタッフの知識・経験・感性をもとに、患者様が安心して安全に手術をお受け頂けるよう現状に甘んじることなく前向きに取り組んでいます。
「私たちがやりたい看護・こうしたい手術室」を自分たちでつくりあげようとしています。
これからも変貌を続けるたちばな台病院の手術室をどうぞよろしくお願い致します。